群馬のおすすめ矯正歯科を大調査

  • 矯正治療よくあるQ&A
  • 主な矯正方法まとめ
  • 悩み別歯並びの直し方
  • 年代別の体験談

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正治療の費用相場、治療期間目安などの基本的な知識のほか、ワイヤー矯正とはどんな治療法なのかを解説します。

ワイヤー矯正の費用相場と治療期間

<費用相場>

  • 【矯正料】約60~100万円(上下併せて治療した場合)
  • 【相談料】~5000円(無料のところもある)
  • 【診査・診断料】約3~10万円
  • 【ワイヤー調整料】1回あたり3000円~1万円程度

<治療期間目安>

平均2~3年と言われている。歯を抜かない、簡単な矯正治療ならば、半年~1年程度。難しい場合は3年以上

※治療期間中は、1~2ヶ月に1回程度通院しワイヤー調整する必要がある。

<治療期間保期間目安>

1~2年程度

ワイヤー矯正ってどんな治療法?

ワイヤー矯正は、歯並びに沿って、ワイヤーを装着した矯正装置を取り付け、歯を動かしていく治療方法。もっともよく知られている矯正治療で、実績も信頼できます。また、たいていの歯並びに対応できるとされています。

特に目立つ前歯の部分に装置を付けるため、抵抗を覚える方もいるかもしれませんが、最近は見た目に配慮した装置も少なくありません。

ワイヤーについても、メタルが一般的ですが、白いワイヤーを取り扱っている矯正歯科もあります。白いワイヤーと透明や白のブラケットを両方使用すれば、審美的にはかなりカバーすることができます。金属部分がなければ、真近でみないと、矯正しているとわかりません

ただ、目立たない矯正治療よりも、少々人目を引く金属製のブラケットのほうが、短い装着期間で効果があります。

ワイヤー矯正は、検査⇒ワイヤー調整⇒保定という流れで行われていきます。検査では、虫歯や歯周病がみつかった場合には、矯正を始める前に治療が求められます。

また、ワイヤー調整は、1~2ヶ月に1回程度通院しながら2~3年にわたって行われます。「保定」というのは歯列矯正が終わった後には歯の後戻りを防ぐための措置です。自由に外せるタイプの装置を使用したり、歯にワイヤーをつけたりなど、いろいろな方法があります。

「ワイヤー矯正のメリット」

もっともオーソドックスで施術例の多い矯正法

ワイヤー矯正は、ほかの矯正法に比べてもポピュラーなもので、歯の矯正と聞けばこのワイヤー矯正を思い浮かべる人が多いでしょう。多くの人に広く知られていて施術例も多いということは、その分安全性が確立されていて使用しやすいものであるといえます。最新技術の方が優れた面もありますが、施術した人数が少なく矯正してからそれほど年月が経っていない場合は、後々何かの後遺症や問題が出ないとも限りません。

古くから多くの人に愛用されていることから、ワイヤー矯正はなじみ深いものであり安心感があります。多くの歯科医院で導入されているため、通いなれた医院でも施術ができるほか、クリニック選びの選択肢も広がります。

どんな歯列でも矯正しやすい

ほかの矯正法では、歯列によって矯正しにくかったり使用できない場合もありますが、ワイヤー矯正はほとんどの不正咬合に対応でき、歯科医による調整もしやすいため効果的に矯正できます。

汚れが目立ちやすいため積極的にデンタルケアをするようになる

汚れが目立ちやすいというと、デメリットのように感じるかもしれませんが、気にならないと逆に歯磨きを怠ってしまい虫歯になってしまう可能性があります。目立ちやすいということから人の目を気にして、以前より積極的に歯磨きなどのケアを行うようになれば、矯正前よりも清潔な口腔内を保つ習慣がつくでしょう。

「ワイヤー矯正のデメリット」

矯正器具が目立つ

ワイヤー矯正の一番のデメリットは、歯の表面に取り付けているブラケットやワイヤーが目立ってしまい、矯正していることがまるわかりになってしまうことです。矯正していることを知られるのが悪いわけではありませんが、やはり異質に見えることもあるため、人目を気にしてしまう人も多いでしょう。そのため、最近では目立ちにくい素材の矯正法が増えてきています。

汚れが落としにくく虫歯になってしまうことも

メリットでもご紹介しましたが、やはり金属を歯の表面に取り付けているので、その部分の汚れが落としにくくなる危険性もあります。しっかり歯磨きをすれば防げることではありますが、それまでの歯磨き方法やおざなりなケアでは口腔内が清潔に保てなくなりますので、注意が必要です。

口の中に違和感がある

口の中に金属を入れて過ごすわけですから、慣れないうちは違和感が続くでしょう。また、前歯の表面に厚みが生じて口を閉じにくくなる可能性もあります。

口腔内の病気の原因になることも

歯の表面にブラケットを取り付けてあるため、唇の裏側や口腔内の粘膜に触れてしまい、刺激となって口内炎などを引き起こす可能性があります。また、気を付けたいのは金属アレルギーをお持ちの方で、口腔扁平苔癬、舌炎、舌痛症、口唇炎などさまざまなアレルギー症状が出ることもあります。

口腔内だけでなく、アトピー性皮膚炎や湿疹などが全身に現れることもあるので、特に注意が必要です。金属アレルギーの自覚がないままワイヤー矯正を始めてしまい、後日症状が出て検査をした結果金属アレルギーだと発覚した例もあります。特に問題なのが口腔内の粘膜に傷があったりすると、そこに免疫細胞が集まって金属アレルギーを発症しやすくなることです。口腔内が清潔な状態でないと、金属を酸化させて腐食を速めてしまうので、やはり歯磨きやデンタルケアは欠かせません。

ガルバニー電流が生じることも

ガルバニー電流とは、口腔内に2種類以上の金属が存在している場合に、それらが触れ合うことで発生する電流です。アルミホイルなどを噛んでしまった時に、びりっとした痛みや嫌な感触を味わったことはないでしょうか。口の中は唾液によって電気が伝導しやすくなっているので、直接触れなくてもガルバニー電流が生じやすく、ワイヤーの矯正器具と歯の詰め物の金属によって不快感や痛みを感じる可能性があります。

引用:第6章 歯学への応用 口腔粘膜疾患と歯科用重金属 石橋 修
https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/50/1/50_1_12/_pdf

ワイヤー矯正に使用されるブラケットの種類

メタルブラケット

歯列矯正に多く用いられ、最もオーソドックスな装置といわれるメタルブラケット。 歯の表側に金属製のブラケットを付けて針金でつなげる装置です。 歯列矯正のイメージとして定着しているのが、この銀色をしたメタルの装置(ブラケット)ではないでしょうか。

メタルブラケットは、金属製のブラケットが目立つというデメリットがありますが、丈夫で、多くの不正咬合の種類や複雑な症例でも使用できる点や他のブラケットに比べると安価で、矯正の期間も比較的短いというメリットもあります。

セラミックブラケット

セラミック製のブラケット装置が誕生し、歯に近い色なので目立ちにくく、見た目はとても改善されましたが、装置の強度を出すためにブラケット自体が大きく厚い点や金属に比べると強度が劣るというデメリットがあります。 最近では、装置自体がコンパクトになり、厚みも薄く作られているため、違和感が少ないものもあるようです。

クリアブラケット(プラスチックブラケット)

透明な素材でできており、従来の金属製のブラケットと違い、ブラケット装置そのものが目立たず、審美的な面でも優れている点が特徴です。歯の動きもスムーズで治療期間が短縮できます。ただし、価格はメタルブラケットに比べると高めです。

ブラケットの分類

ワイヤー矯正に使われるブラケットは、以前はほとんど金属製でしたが、最近では白色系のセラミックなどを使った目立たないブラケットが主流になってきました。

従来型のブラケットは、ブラケットと矯正治療用の針金(ワイヤー)を、ゴムやごく細い針金(結紮線)で結紮固定します。 構造的にシンプルで汎用性があり、耐久性もあることから、もっとも使われているブラケットがこのタイプです。

その一方で、歯の動きが速く、矯正治療に伴う痛みも少ないセルフライゲーションブラケットも普及してきています。

このセルフライゲーションブラケットは、メリットも多い反面、金属のパーツを使わなければならないため、目立つというデメリットもありましたが、最新型のセルフライゲーションブラケットは、かなり目立たないように改良されてきています。

このように、さなざまなブラケットがありますが、それぞれにメリット・デメリットがあるだけでなく、患者さんの症状によっては使えないもあります。

結紮タイプ

金属製

医療用のステンレスで作られた金属製のブラケット。

目立つことがデメリットですが、耐久性に優れ、奥歯などの強い力が加わる場所に最適で、あまり目立たない場所の臼歯などに使われます。

セラミック製

白色系のセラミックで作られたブラケット。目立たないというメリットがあります。 デメリットは、欠けやすいことと、針金を固定するゴムがカレーなどで着色することなどです。固定するゴムは使い捨てで毎回交換しますが、結紮線で固定すれば着色しません。

セルフライゲーションタイプ

セルフライゲーションタイプのブラケットは、ワイヤーとブラケットをゴムや結紮線で固定せずに、ブラケットに組み込まれた構造によって固定するシステムのブラケット。

従来のブラケットと比較すると、ワイヤーとブラケットを固定するさいに生じていた摩擦が少ないのが特徴で、歯の動きがとてもスムーズで速く、治療期間も短くなります。また、小さな力で歯を動かせるので、痛みが少ないことも特徴のひとつです。 また、透明なブラケット本体と金属製の開閉式のクリップのようなものから出来ているので、あまり目立ちません。

ワイヤー矯正に対応している群馬のクリニック3選

はぴねすデンタルクリニック

はぴねすデンタルクリニックはワイヤー矯正にも対応しています。様々な矯正治療に対応しているクオリティの高さに定評があるクリニックですが、マルチブラケットに関してもスタンダードブラッケット法でつくられるので、細かい微調整も可能。こちらはまだまだ一般的には広がっておらず、熟練した技術が求められる治療法です。そのような治療を行っているのも、矯正の仕上がりにこだわりをもっているはぴねすデンタルクリニックの特徴です。

  • ワイヤー矯正の種類:マルチブラケットスタンダードプラン・マルチブラケットホワイトワイヤープラン
  • 診療時間:10:00~20:00
  • 休診日:火
  • 住所:群馬県伊勢崎市市場町1-1542 ベイシア赤堀モール店内
  • 電話番号:0270-62-8928

しんがい歯科医院

日本矯正歯科学会認定医が院長を務めるしんがい歯科医院。矯正治療にも定評があり、歯並びの改善によって健康をとの理念を持っています。出っ歯、受け口、上下顎前突などの改善のためにワイヤーだけではなく、マウスピースタイプの治療も用意。ワイヤーに関してはメタルブラケットだけではなく、目立たないよう配慮されたクリアブラケットも用意するなど、患者の心情面に寄り添った矯正治療を目指しています。

  • ワイヤー矯正の種類:全顎ワイヤー矯正・部分矯正(クリアブラケットかメタルブラケットを使用)
  • 診療時間:9:00~13:00、14:30~18:30
  • 休診日:日・祝
  • 住所:群馬県高崎市筑縄町20-5
  • 電話番号:027-386-6480

永山歯科医院

永山歯科医院の矯正治療のモットーは「コミュニケーション」です。矯正治療は、虫歯治療等と比べると長期的な治療になります。一度や二度、診察してもらうことで完治するものではなく、長期間継続して治療を行わなければなりません。治療の大変さもさることながら、患者と医師双方が信頼してこそ、長期間の治療を継続できると永山歯科は考えています。、患者とのコミュニケーションを綿密にとり、不安があればしっかりと受け止めてくれる歯科医院です。

  • ワイヤー矯正の種類:審美ワイヤー矯正・表側矯正(金属かセラミック製のワイヤーを使用)・アンカースクリュー矯正
  • 診療時間:平日9:00~13:30、14:00~20:00/土・日・祝9:00~12:30、14:00~18:00
  • 休診日:夏季休診・冬季休診・大型連休にともなう休診あり
  • 住所:群馬県高崎市天神町110
  • 電話番号:027-363-3271

【エリア別】群馬のおすすめ矯正歯科をピックアップ

伊勢崎市周辺エリア

はぴねすデンタルクリニック

はぴねすデンタルクリニック

0270-62-8928

低料金で質の高い矯正治療を提供するクリニック。写メで無料メール相談ができる。

無料診断はこちら

他のクリニックも見てみる

太田市周辺エリア

ファミリー歯科・矯正歯科クリニック

ファミリー歯科・矯正歯科クリニック

0276-55-0011

治療の設備が充実している矯正歯科。スリッパまで殺菌するなど、衛生面の配慮も◎。

無料診断はこちら

他のクリニックも見てみる

高崎市周辺エリア

きたやま矯正歯科

きたやま矯正歯科

027-350-1600

じっくり経過観察を行った上で治療に臨んでくれる矯正歯科。設備見学など、地域密着の医院方針も要注目。

診療相談はこちら

他のクリニックも見てみる

前橋市周辺エリア

前橋矯正歯科

前橋矯正歯科

027-223-6589

群馬で最も歴史のある矯正専門の歯科。初診では、歯科医と女性スタッフが丁寧に相談に乗ってくれる。

無料診断はこちら

他のクリニックも見てみる

※各エリアごとの医院の選出基準(調査日時:2015年5月)
【伊勢崎市周辺エリア】日本矯正歯科学会認定医のいる土曜日夕方も行けるクリニック
【太田市周辺エリア】日本矯正歯科学会認定医のいる土曜日夕方も行けるクリニック
【高崎市周辺エリア】日本矯正歯科学会認定医のいる土曜日夕方も行けるクリニック
【前橋市周辺エリア】1983年開院の歴史の長く日本矯正歯科学会の認定医が2名常駐しているクリニック